インフルエンザに解熱剤は効果ある?

インフルエンザに解熱剤は効果ある?

インフルエンザには抗インフルエンザ薬がもちろん有効ですが、解熱剤を使用する方がもしかしたらいるかもしれません。実際解熱剤は一時しのぎの薬、使用頻度が多いと低体温になる場合があるので注意しましょう。

インフルエンザ時に解熱剤を使い続けると危険

インフルエンザにかかった場合の典型的な症状としては、突然38度以上にもなる高い熱が出る、頭痛がひどい、関節痛や筋肉痛などの全身にわたる痛みがみられる、といったものが挙げられます。特に、インフルエンザの発熱については、高い場合には40度近くになることもあり、こうなると頭がくらくらするといった程度では済まないものです。そこで、薬局やドラッグストアの店頭で気軽に購入できる、市販の解熱剤などを連続して使用したり、用量を超えて使用したりという行為をしがちですが、家庭でのあやまった解熱剤の服用は、かえって患者の身体にダメージを与えることにもつながりかねません。こうした場合は、基本的には病院や診療所といった医療機関で医師の診察を受けて、抗インフルエンザ薬の投与などの、適切な処置をしてもらうべきものといえます。市販の解熱剤には、その有効成分の違いによって、いくつかのタイプがありますが、多くの解熱剤には、インフルエンザの高熱時に服用することによって、ライ症候群やインフルエンザ脳症といった、重大な副作用をもたらす可能性が指摘されています。このことは厚生労働省からも科学的な知見を踏まえた通知がなされていることであり、医師としては常識的なことといえますが、一般の人にはあまり知られていないことといえます。ただし、有効成分の違いによっては、インフルエンザの高熱時に投与したとしても、特に問題なく熱を下げる効果が発揮できるものがあります。それはアセトアミノフェンとよばれる有効成分をもつ解熱剤であり、逆にいえば、アセトアミノフェン以外の投与については慎重になったほうがよいということでもあります。現在では解熱剤でも小児用と銘打ってあるものについては、間違いを防止するため、意図的に大人用の成分とは別に、このアセトアミノフェンを配合したものなどもみられます。

鳥インフルエンザの流行情報

毎年秋が終わる頃になるとインフルエンザについて予防接種などの情報が飛び交い始めますが、近年は鳥インフルエンザの話題も良く見かけます。テレビのニュースや新聞などでも見かけますので、もしもこれらが感染したらどうなるのだろうかと、様々な思いで注目をして見ている人もいるのではないでしょうか。国内であれば、厚生労働省や農林水産省のホームページから情報のチェックをする事もできます。世界でどのような発生をしているのか、分布図も見ることができます。国別の状況の確認をする事もできますので、例えば中国や米国など、自分で気になる国の取りインフルエンザの状況を見てみるというのもいいでしょう。鳥類では特に東南アジアを中心に中東やヨーロッパなどでも感染が見られますので、もしも自分が該当地域へ旅行等へ出かける場合には万が一の事を考えて見ておくといいでしょう。鳥インフルエンザに関しては一般的な季節性と同じように潜伏期間が2~5日ぐらいとなり、そこから発症をしていきます。予防のためには普段と同じように手洗いやうがいなどはもちろんですが、野鳥などからも感染する可能性がありますので、なるべく野鳥など鳥との接触は避けるようにしましょう。インフルエンザ以外の病気を持っている可能性もありますので、むやみやたらと近づかないようにすることが大切です。小さな子供だとどうしても興味が出てきて近づいたり触ったりする事もあります。しっかりと流行情報などもチェックして、鶏肉などを食べる時には加熱もしっかりと行うなど注意するようにしましょう。海外では病院の状況等も違いますので、出かける際には情報の収集を怠らず、鳥インフルエンザが発生しているようであれば取りやめも視野に入れた方が安全です。

インフルエンザの歴史

インフルエンザは割と早くから人類の歴史のなかに登場しており、古代エジプトやギリシャ、ローマの時代にも、その流行とみられる記載を見出すことができますが、この病名そのものは、中世ヨーロッパで活躍した占星術師たちが、星の運行が病気の流行に関連があると考えて、「影響」をあらわすラテン語からとったものとされています。わが国においても、実は平安時代にはすでにインフルエンザが流行していたのではないかとされており、たとえば歴史物語のひとつである「大鏡」には、一条天皇が「しはぶきやみ」という病気により崩御されたことが記載されています。これは現代語に訳すとすれば「せきの病気」ということになりますが、時代が下る歴史物語の「増鏡」にも、この病気の流行で多数の死者が出たことが書かれていますので、どうやらインフルエンザであるものとみられます。江戸時代、徳川吉宗が将軍であったころには、江戸の市中で熱病によって8万人あまりが1か月のあいだに命を落としたという事実が知られており、これなどもインフルエンザの大流行によるものとみられています。また、江戸時代後期、天明の飢饉が発生したころには、ちょうど相撲の横綱谷風がインフルエンザにかかって場所を休場するというできごとがあり、インフルエンザのことを「谷風」と呼んだというようなこともあります。わが国で「インフルエンザ」ということばがはじめてそのまま使われたのは、長崎でシーボルトに師事した蘭学医が天保年間に出版した書物からとなります。その後、大正時代には爆発的な感染力をもつインフルエンザの「スペインかぜ」というものがわが国でも大流行し、多数の死亡者を出して以来、マスクの着用などの感染防止の知識も広まっていくことになります。
●インフルエンザ予防薬の通販サイト
インフルエンザは酷くなる前にしっかり予防
●服用前にしっかり確認
リレンザの注意点